ログイン

事業案内

模擬監査

監査の種類は幾つかあります。
特別監査、巡回監査、呼び出し監査、呼び出し指導・・・
監査がいつ行われても良い体制づくりを今すぐ始めてみませんか?

当社は長距離が多いから無理だと思う・・・
守っている会社なんてない!
そうおっしゃる経営者の方こそ、今すぐ一緒に時間がかかっても始めてみませんか?




特別監査・巡回監査

運輸局より指定されているトラック協会が公表している「監査ガイドライン」・「運輸安全マネジメント制度のガイドライン」に基づき、トランスポートセキュリティに対する総合的なリスク分析・評価・助言を行うサービスです。

トランスポートセキュリティ監査

サービスメニュー

サービス名 内容
内部監査、模擬監査
  • 特別監査に対応できる組織作り
  • 特別監査に対応できる体制づくり
  • 書類作成の評価と指導
運輸安全マネジメント
PDCA
  • 輸送における安全対策の強化
  • 荷主と実運送事業者との安全に向けたパートナーシップによる取組の強化

監査の流れ

トランスポートセキュリティ監査 サービスメニュー

自分の大切な家族が、白トラのめちゃくちゃな運行をしているドライバーに命を奪われたなら、許せない気持ちになりませんか?
貨物自動車運送業の許可をとり、正々堂々と仕事をしておられる立場として、許せないと思います。

行政処分の影響があるのは、会社だけではありません。荷主への影響も計り知れません。

法的に全く問題なく運行していても、書類がきちんと整理されてなければ、意味がありません。
時間がなくて出来なかった!では、今まで苦労して組み立てた運行管理者、配車担当者の努力は水の泡です。誰が何をどのように、いつやるのか。もう一度話し合ってみる必要があると思います。

P&Lは、定期的に訪問させて頂き、良い体制を作るお手伝いをさせて頂いています。
また、体制が整った後も、継続して良い体制を維持して頂くために模擬監査の実施をしております。
失敗や間違いは誰にでもあります。繰り返し続けることが、安全と安定経営の近道だと痛感しております。